ミュージアム

スオメンリンナには、要塞のさまざまな場所に6つの博物館があります。チケットはそれぞれの博物館でお求めいただけます。夏期シーズンはスオメンリンナの全博物館に入場できる共通券もお求めいただけます。

スオメンリンナ博物館は通年、その他のサービスは夏期に営業しています。一部のミュージアムは、冬期でもイベントの開催に合わせて開館となることがあります。開館時間は英語版カレンダーでお確かめください

スオメンリンナ博物館

kuvitus_multsari

島のメインミュージアムの常設展では、要塞の建設や歴史、またスオメンリンナの生活について紹介しています。館内では、要塞の歴史に関する短編映画が30分おきに上映されています。上映言語はフィンランド語、スウェーデン語、英語、ドイツ語、フランス語、ロシア語、日本語、スペイン語、中国語の9か国語、上映時間は25分です。

エーレンスヴァルド博物館

kuvitus_emuseosisalta2

かつて要塞司令官の公邸だったこの博物館では、スウェーデン時代の要塞を紹介しています。この建物に最初に住んだのは、要塞を建設したアウグスティン・エーレンスヴァルドでした。(夏期のみオープン)

潜水艦「ヴェシッコ」

Kuvapankki_vesikko

ヴェシッコ(Vesikko)は、1930年代に建造され、第二次世界大戦中に活躍したフィンランドの潜水艦です。復元された艦内では、潜水艦の乗組員たちの窮屈な労働環境を体験したり、当時の潜水艦技術を知ることができます。(夏期のみオープン)

軍事博物館マネーシ

kuvitus_maneesi2

マネーシの展示では、平時、戦時におけるフィンランド軍隊とその兵士たちの歴史を紹介しています。(夏期のみオープン)

スオメンリンナおもちゃ博物館

kuvitus_lelumuseonukkerajattu

おもちゃ博物館では、19世紀初めから1960年代まで、数千点もの古いおもちゃを展示しています。展示を見た後は、ミュージアムカフェでティータイムを楽しみませんか?(夏期のみオープン)

税関博物館

kuvitus_tullimuseorajattutumma

この博物館は、スウェーデンおよびロシア時代に刑務所として使われていた建物で、フィンランドでの通関手続きや密輸の歴史について展示されています。(夏期のみオープン)