ここでは、スオメンリンナの交通機関、島内の歩き方、要塞の主な見どころが回れるブルールートについてご案内します。

また、スオメンリンナでは、要塞内のサービスや見どころに関する追加情報をご提供する、無料のモバイル版ルート案内もご用意しています。スオメンリンナご訪問の前にルート案内をダウンロードしておけば、現地でインターネット接続がなくてもオフラインでご利用いただけます。

交通機関

スオメンリンナは水上からのみアクセスできます。所要時間は15~20分です。フェリーは、通年運行されています。水上バスは 5 月から 9 月のみ運行されています。

フェリー

kuvitus_talvilautta

フェリーは、マーケット広場東端の大統領官邸向かいから出発します。復路のフェリーは、イソ・ムスタサーリ島(Iso Mustasaari)のメイン乗り場から出発します。フェリーはヘルシンキ市の交通機関の一部で、すべてのHSLチケットが有効です。フェリーのチケットは、乗船前にフェリー乗り場の自動販売機でお求めください。夏期はマーケット広場のキオスクでもチケットを販売しています。

JT-Line 水上バス

水上バスは、マーケット広場の遊覧船乗り場から発着します。復路の水上バスは、スオメンリンナセンター乗り場またはキングズゲート停留所から出発します。チケットは船内またはマーケット広場のキオスクでお求めいただけます。HSLチケットは水上バスにはご利用いただけません。

ブルールート

kuvitus_tienviittamuurirajattu要塞での移動は徒歩となります。基本ルートはスオメンリンナを南北に縦断しています。主な見どころはすべてこのルート上に青い標識で表示されており、地図上には青線で示されています。 基本ルートとほぼ並行して、身体の不自由な方や車いす・ベビーカーをご利用の方のために、よりアクセスしやすいルートもあります。このルートは完全なバリアフリーではありませんが、ブルールートにある急な斜面や起伏の多い道を避けることができます。車いすでアクセス可能なルートの地図は、ビジターセンターにあります。

歩行中のご注意

要塞、壁、盛り土などにはフェンスがなく、数キロにわたり続いています。観光者は要塞周辺を観光する場合、自己責任において慎重に行動してください。お子様が保護者の目の届かない場所を歩き回ったり、壁などに上らないように注意してください。安全と思われるような場所でも、転倒などのリスクが潜んでいる場合があります。夏の植物や冬の雪で、断崖が見えなくなっていることもあります。海岸を歩くときは船の動きに注意してください。動いている船により、危険な流れとなることがあります。冬には滑りやすくなる場所があります。

スオメンリンナ・スカイビュー

このバーチャルサービスでは、スオメンリンナを訪れる前に要塞の様子をご覧いただけます。上空から島内を眺めたり、トンネルや広間の中にお立ち寄りください。冬の景観、夏の景観が選択できます。

営業・開館時間、イベント(英語)

全サービスの営業・開館時間、スオメンリンナのイベント情報は、英語版カレンダーをご覧ください。