見どころ

スオメンリンナにはたくさんの興味深い見どころがあります。このページでは、要塞を縦断するブルールート付近にある、スオメンリンナの主な見どころをまとめてご紹介しています。

スオメンリンナ教会

kuvitus_kirkkotalvirajattu

スオメンリンナ教会は、ロシア正教の駐屯地教会として1854年に建設され、フィンランド独立黎明期の1920年代に福音ルター派の教会となりました。尖塔にある航空・海上交通用の灯台は、現在も稼働しています。

コートヤード

kuvitus_hauta4

コートヤードは要塞を築いたアウグスティン・エーレンスヴァルドが設計したもので、1760年代から要塞の中央広場として機能してきました。クリミア戦争中の1855年、広場は爆撃により大きな被害を受けました。コートヤードにはエーレンスヴァルドの墓があります。

乾ドック

Kuvapankki_telakka

スオメンリンナのドック(船渠)は、現在も使用されている世界最古の乾ドックの一つです。1760年代には、F. H. af チャップマンの指揮下で、スウェーデンの群島船団の船がここで建造されています。現在、このドックは古い木造船の修復に使用されています。

クスターンミエッカ

kuvitus_tykkijuoksijatrajattu

クスターンミエッカでは、当初からの星形要塞と、19世紀末にロシアによって構築された、土塁や大砲を備えた海上防衛線を見ることができます。

キングスゲート

Kuvapankki_kuninkaanportti

堂々としたキングスゲートは、スオメンリンナのシンボルです。キングスゲートは、要塞の式典用の門として1753~54年に建設されました。門は、要塞の建設者スウェーデン王アドルフ・フレドリクが1752年に建設作業の視察に訪れた際、王を乗せた船が錨を下ろした場所に建設されました。